「プラモでるでる日記」・・・であります。

プラモとか、何かを作ったり、つぶやいたり、まったりおやじ日記。

今度はセミです。

今朝ゴミ出しに玄関を出たら、今度は2匹のアブラゼミが、ひっくり返って
いました。(今年初です)
005
006
007
ゴミを捨てた後で、写真撮影後に拾い上げたら案の定、元気に動いて
鳴きわめいています。

動画を撮ってから、もう1匹を拾い上げると、やはり元気にバタついて
います。
でも鳴かないところを見ると、こちらはメスかもしれません。
いつものように、近所の桜の木がある所まで行き、幹に取り付けて
やりました。
ホッとしたのか(?)、静かに取り付いています。
擬態が効いています。(笑)
009
010
011
012

プラモの製作が更新されないのに、これでは何だか、昆虫お助け
ブログみたいな感じです。(オイ!)  ( ̄▽ ̄;)

※〔8月23日・画像追加〕
今日は、玄関開けたら2分でゴハ・・・失礼、「コガネムシ」です・・・。 (;^_^A
013

虫の恩返し?

お友達でプラ友・ブロ友の「おんだなみさん」が、先日朝の通勤時に、
道端で「クワガタ」を発見したと言う記事を書いていました。
何度か虫にまつわるコメントを書き込んでいたら、7日の夜に、今度は
私の家の玄関を出た所の蛍光灯に、体長10cm程の「ギンヤンマ」が
ブンブンしていました。
どこに行って良いのか行き場を失っているようなので、取り敢えず
何とか捕獲をして、珍しいので写真を撮ってから、外に逃がして
やりました。
おんだなみさんが「是非、ブログ上で画像を上げて欲しいです(笑)」
と言っていたので、リクエストに答え画像をアップします!
ジャ~ン!これです。
001
002
003
004
うちのアパートの玄関は、かつては虫の通り道になっていたんじゃないか?
と思われる程、色んな虫が玄関前で立ち往生しています。
その度に私は虫を捕獲して、隣の駐車場の草むらに逃がしてやります。
但し、全部の虫にそうしている訳ではありません。
中にはとても苦手な虫、とても大嫌いな虫もいます。
特にある理由から、大嫌いになった虫もいます。
そいつには申し訳ないけれど、踏み潰してあっちの世界に行ってもらう
確率が高いです。(ナ~ム~・・・)
セミ、緑なのに何故コガネムシ?、蛾の幼虫、蝶、蜘蛛、トンボ。
ある時には虫どころか、15cm以上もあるガマガエルが、家のドアの隅で
立ち往生して、何処にも行けなくなっている様子で、如何にも困ったな~
と言う感じで、たたずんでいました。
お前どっから来たの???
やはりチリ取りコンベアーに乗って、近所の草むらに移動してもらいました。
毎年夏になると、玄関、ベランダ、家の前の道路に、アブラゼミがひっくり
返っている事があります。
その度に拾い上げて、近所の桜の木の幹に、取り付けてやります。
年平均5~10匹程度。
持ち上げる度にでかい声で「ジッ!ジジッ!ジー!!」と鳴くので、いちいち
ビックリ、ビビってしまいます。
しかも、指に取り付くと硬いストローのような口を突き立てて、汁を吸おうとします。
木の幹じゃね~!つうの。
いつかセミの恩返しがあるかもしれません。
(別に良いですから・・・)
ただ今年はずっと梅雨寒が続いた挙げ句、梅雨明けからいきなり猛暑が
続いているためか、近所でセミの鳴き声があまり聞こえて来ません。
調子狂っているんでしょうね。
緑のコガネムシも毎年定期的に発生し、3~4匹が玄関前の踊り場で、
行き場を失って困っているようです。
草むら移動させても、数日はこの状態が続きます。
時々ですが、スズメガらしき幼虫がうろついているのは、勘弁して
頂きたいです。(^_^;)

家の中では、5mmから1cm程度のハエトリグモが、いつもうろついて
います。
家ではこの子達を「ピンカ丸」と呼んでいます。
見つける度に、綿棒の空になったプラの容器に取り込んで、お外に
サヨナラします。
それでも1ヶ月に数匹のピンカ丸を捕獲、放出していますが、家から
いなくなる事はありません。
あっ!もし「ピンカ丸」が恩返しのために、大挙して押し寄せたらどうしよう?
ワラワラワラワラワラワラ!
ギャ~!想像しただけで、怖いよ~!(笑)(笑)

タミヤ 1/48 フォッケウルフ Fw190 Aー3・製作-001

たかがプラモデル、たかがフォッケウルフFw190 の2個や3個を、
チャチャっと作れないで、何がモデラーだ!
と言う気持ちで、タミヤの1/48 フォッケウルフFw190 Aー3を始めた
(再開した)のですが、箱を開けてもその後、手が全く動かないと言う
状態が、続いていました。
ただ最近、そろそろ何かを作ろうと、何個も箱を開け閉めしても中々
決まらなかったのを、ようやく腹を決めてFw190にたどり着いたので、
これをやらずに他に移る訳には行かないつもりで、進める事にします。
(前置きが長いな~)(;^_^A

000 Fw190A-3 pack 640
最初に手を付けたのが2014年で、プロペラをモーター回転させようと、
電池受けのマウントを作った所で、先に進まなくなってしまいました。
001
002
003
004
005
006
007
008
009
プラ板を積層して、コックピット裏側に合わせて張り付けるため、テーパー
を付けて削ったのですが、まだ他にも何個か有るFw190 にも同じ様に
プロペラ回転をやりたくなった時、もう一度同じ物を作るのは面倒なので、
シリコンで複製を取っておこうと思ったのです。
しかし、この面倒な作業が嫌になり、そのままお蔵入りになってしまった
のです。

2016年に、今度はフィギュアの修正に手を出しています。
010
011
ゴーグルのレンズやベルトのモールドが甘かったり、ヘルメットの形が
左右でかなり歪んでいたりするので、簡単に修正しています。
本来、フィギュアまで作ったりするのは面倒だし、塗装は得意な方では
ないのであまりやりたくはないのですが、プロペラ回転をさせるのに、
人が乗っていないのでは無人機のようで、気持ちが悪いです。
しょうがなく、イヤイヤやっているので、ちょっとした事で、簡単に頓挫
してしまいます。
ゴーグルのベルトが彫刻の甘いモールドなので、プラ板で細切りにした
物を接着したのですが、案の定、乾くのを待っている内に飽きてしまい、
2度めのお蔵入りとなったのです。

そして今回、電池受けのマウントをシリコンで複製を取る所からの
スタートになりましたが、シリコンの後キャストで複製を何個か作って
から、またもや動きがしばらく鈍くなっていました。
こんな事をやっても、他のキットで本当に同じ様な事をやるのか怪しく、
これをやらずに進めたら、もっと早く進める事が出来るのかも
しれないのですがね~?
取り敢えずは何とか進めているので、このままさらに前進して行きます。
(ハァ、ハァ)
このキットをプロペラ回転させようとしていますが、タミヤのプロペラ
アクションキットではありません。
P・アクションキット発売前に購入したキットなので、Φ6 ミリのマイクロ
モーターを取り付けるには、エンジンパーツの後ろの部分を加工する
必要があります。
P・アクションキット発売後に、金型が改修されたと思われますので、
エンジンパーツが入っているAランナーをパーツ請求するか、最近
売られている値上げされたAー3型を目安にして購入すれば、加工無しで
Φ6 ミリのマイクロモーターを取り付ける事が出来ると思います。
(但し、これは多分そうだろうと言う予想で書いているので、必ず
こうなっているのかを、保証する訳ではありません、悪しからず。
各自でそれぞれ確認をお願いします。)(^_^;)
私も、取り寄せたAランナーのエンジンパーツを使っているので、加工
無しでマイクロモーターを取り付けています。
015
P・アクションキット発売以前のキットには、モーター取り付けの強制冷却
ファンは入っていないのと、直径Φ0,8 ミリシャフトのマイクロモーターを
使う時は、スケール用の強制冷却ファンに、Φ0,8 ミリの穴開け加工が
必要です。
タミヤP・アクションキットに付属のマイクロモーターを使えば、シャフト
の直径がΦ1 ミリなので、これもP・アクションキット発売後のAランナー
には、P・アクション用の強制冷却ファンのパーツが付属しているので、
加工無しで取り付ける事が出来ます。
今回私は、Fw190のP・アクションキットと同じモーターを使っている
P・アクションの「アブロ・ランカスター/ダムバスター」のマイクロ
モーターを取り寄せて、使っています。

プロペラ回転のスイッチは、機首機銃カバー内側の本体に取り付ける
事にしたので、その部分の加工をしています。
012
013
機銃カバーは簡単に取り付け&取り外しが出来るように、本体側に
ネオジム磁石を取り付け、機銃カバーにはΦ1,6 ミリの穴を開けて、
Φ1,6 ミリのプラ棒を差し込み、そこに2,0 ミリビス用の鉄製ナット
を差し込んで、接着してあります。

モーターやスイッチ類の取り付け加工が大体終わったので、
機内色を塗ってます。
014
コクピットや計器盤の塗装をしています。
016
017
面倒だな~と思いながら、組み立てると殆んど見えなくなりそうなのに、
やっぱり細かく塗り分けてしまうのは、モデラーの性ですかね~?(;^_^A

つづく

きれいなガクアジサイ

2ヵ月半放置ブログ・・・。( ̄▽ ̄;)
何故か「通りすがりの花見」の記事をアップした後は、ブログの間が
空いてしまう・・・と言うのは、わざとじゃありません、たまたまです。(;^_^A
花見の時期が過ぎて、気が付くとあっという間に、時間が経っています。
近所の通りに、きれいなガクアジサイが咲いていました。
2019_06_14(002)
2019_06_14(008)
あまり家を出ないヒッキー的な生活を送っていると、花見の季節から
ツツジを通り越して、いつの間にやら紫陽花がきれいに咲いています。
たまに出かけるのは、病院に検査に行く時か( ̄▽ ̄;)、秋葉原の
模型店を見に行く時(それも、最近は少なくなって、ネットショッピングに
若干ウエイトが多く掛かってきたような?)位になってしまったような??
(;^_^A
ど~もここのところ、次に作るアイテムが定まらず、色々箱を開けたり
閉めたり、一度決めてももう一つノリが悪く、また閉めてを繰り返して
しまっているのです。
そうこうしている内に、時間がどんどん過ぎて行きます。
それとも、ただボ~っと生きているだけの事かな?
これでは、チコちゃんに叱られるかもしれません。

ボ~ッとしていた(?)2ヵ月半の間、色んな箱の開け閉めをしていました。
その中で約40年前に購入して、そのまま只持っていただけのキットを
ようやく、開けて見る事にしました。(;^_^A
スーパーモデル1/72「ブロム・ウント・フォスBV 138/Bー1、Cー1、MS」
と言う、第二次大戦中のドイツの飛行艇キットです。
スーパーモデルと言うメーカーは、購入した時にはまだ有ったのか、
それとも既に消滅していたのか微妙な頃です。
イタリアのメーカーは、スーパーモデル、イタレリ、エッシー、プロターと
言う、4つのメーカーが存在していましたが、元々一つの所から発祥して、
4つに枝分かれして行ったと聞いた事があります。
それが現在では、消滅したメーカーの金型を引き取って、また1社
のみの、イタレリだけになってしまったようです。

ブロム・ウント・フォスBV 138に話を戻します。
1/72 キットですが、飛行艇なのでそこそこ大きいです。
にもかかわらず、へなへなのキャラメル・ボックスはいただけません。
1/72 ブロム・ウント・フォス BV 138 Pac_01
1/72 ブロム・ウント・フォス BV 138 Pac_02
それもあって、袋を開けると収納に困りそうで、今まで開けるのを躊躇
していました。
001
今回100均で買ってきたギフト・ボックスに入れ直して、収納する事に
しました。
002
003
大分小さく収まりました。(^o^)v
箱に印を付けていないと、後で何が入っているのか分からなくなるので、
簡単に絵を描いて貼り付けておきます。
(ヘタでも文字だけよりは色気もあるし、この方が分かり易いと思う)
004
40年経ってようやく袋を開けて、仮組みしました。
005
ランナーに付いてるパーツの感じは、初期の簡易インジェクションキット
みたいな雰囲気で、パーツの合いは、この頃のキットとしては、まあまあ
ではないかと思います。
ぶっとい凸モールドのスジが、素敵です。(^_^;)
006
全体的には、初期のイタレリを思わせるような、中々良い雰囲気を
持っています。
どんな感じで作るのかまだ決まりませんが、気合いを入れて作ったら、
かなりカッコ良い物が、出来上がりそうです。

そして、6月17日(月)東の空に見える満月は、右に木星・左に土星が、
横並びに見られました。
2019_06_17(011)
夕方から少し東の空に雲が出ていたので、どうなるかと思いましたが、
10時半頃雲も切れて、きれいに並んでいるのが見られました。
2019_06_17(017)
スマホで撮影したので、どれだけ上手く撮影できるか分からなかったの
でしたが、何とかギリギリ、薄っすら見える土星も写す事が出来ました。

次の日6月18日(火)は、今度は前の日の木星寄りと反対に、土星寄り
に近づいた月と、一緒に見る事が出来ました。
2019_06_18(001)

通りすがりの花見?[2019年版]

恒例、通りすがりの花見です。

最近、スマホのバッテリー寿命が尽きかけているらしく、満充電にしても
使っていると、数分でバッテリー切れを起こしてシャットダウンして
しまいます。
先週、忘れない内に写真を撮っておこうと、いつもの所へ出かけて撮影を
していたのですが、10分程度でシャットダウンしてしまいました。
何とか数枚は撮影出来たので、ギリギリセーフです。

最初の2枚は、3月10日に埼玉県の朝霞台に用事があって出かけた時に、
種類の名前は分かりませんが、早咲きの桜が綺麗に咲いていたので、
撮影したものです。 ↓
2019_03_10(001)
2019_03_10(002)

ここからの写真はいつもの所で、3月31日に撮影したものです。
しだれ桜かな? ↓
2019_03_31(003)
2019_03_31(004)
ソメイヨシノです。 ↓
2019_03_31(007)
2019_03_31(008)
2019_03_31(009)
2019_03_31(010)
この時はまだ7~8部咲きと言った感じで、ちょっと肌寒い日でしたが、
気の早い方々は既に花見酒を楽しんでいるようでした。
少し涼しい日が続いていると思えば急に暖かい日が続いてみたり、ここ
何日かの暖かさで、今日辺りは満開を少し過ぎた頃でしょうか?
それでもまだ数日は、花見が楽しめそうです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

でるでる

ギャラリー
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 今度はセミです。
  • 虫の恩返し?
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ