「プラモでるでる日記」・・・であります。

プラモとか、何かを作ったり、つぶやいたり、まったりおやじ日記。

モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-009[マーキングとデカール貼り]

マスキングをはがして、ぐちゃぐちゃ状態です。 ↓
082
古いマイクロスケールのデカールを使ったマーキングをやっていますが、
     ↓
083
垂直尾翼の凸凹した所に貼るには、ちょっと無理がある帯状の
デカールで、しかもマイクロスケール特有の、考証に若干の問題も
あるので、帯の部分だけをマスキングして塗装しています。
しかし塗装の後、はがしたマスキングの境に段差がついて、塗料も
隙間に滲んでいるので、ペーパー掛けして段差を無くし、レタッチして
修正します。 ↓
084
帯のデカールから、鳥さんマークだけをカットして使います。 ↓
085
デカールの紫色に合わせた調色がバッチリ決まって、鳥さんの
デカールを貼っても、周りの紫色と殆ど区別がつきません。
(上手くいったぜ、イエ~イ!!)(^o^)v
・・・と、喜んでは見たものの、色は一緒でもデカールの段差が少々
目立ちます。
上からクリアーを吹いたら目立たなくなると思ったのですが、あまり
代わり映えしません。 ↓
086
さて、どうしたものか・・・、少し時間を置いてから考えることにします。
デカール貼りですが、キット付属の物とマイクロスケールを併用して
使っています。 ↓
087
088

うちのクラブの例会が3月25日(日)に予定されているのですが、
デカールの上からクリアーを吹き付けたり、小物パーツの仕上げも
残っているので、それまでに完成まで漕ぎ着けることができるのか、
微妙な状態です。
まっ、焦ってもしょうが無いので、成り行き任せです。

つづく

モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-008[スジ入れとマーキング]

F-100D 3ヶ月ぶりの更新となります。(;^_^A

マスキングを剥がしてみると、胴体のシルバーと機体後部の差が
ありすぎて、チョッとだけ嫌味な感じが強いので、クリアーに少しだけ
シルバーを入れた色を調色して、その上から吹き付けました。
トーンが少し押さえられて、良い感じになりました。 ↓
068
消えかかっていたパネルラインのスジは、拡大鏡で見ながらカッターを
使い、フリーハンドでスジ入れをしました。 ↓
069
目がショボショボで大変でしたが、出来ました。
集中力がキレるとグダグダになりますが、ガイドを使っても、ラインの
真上にぴったり合わせるのは中々大変で、上手く行かない事も良く
あるので、集中してフリーハンドでやる方が、結構上手く行きました。
垂直尾翼のリベットが1個、あさっての場所にズレて打っていたので、
パテ埋め・リベット打ち直しの修正。 ↓
070
スジ入れ、ペーパーがけ。ラインの乱れはご愛嬌。(;^_^A ↓
071
胴体中央のパネルラインにスジ入れをしましたが、リベットもあまり
目立たないので、0.4ミリのドリルで浅く彫りを入れる事にします。
しかし彫りを入れたは良いのですが、もう一度シルバーを吹かなければ
いけなくなりました。┐('~`;)┌(トホホ)
この辺りは綺麗にシルバーが塗装されているのに、全部を吹き直すのは
勿体無いので、マスキングをしてパネルラインだけを、吹き直す事に
します。 ↓
072
073
マスキングを始めてから良く見渡すと、シルバー塗装が終った翼の
部分に、ゴミが結構一緒にくっついているのが見つかって、そのまま
ではみっともないので、1,200番のペーパーをかけて、もう一度
シルバーを吹く事にします。
シルバー塗装は、吹いた後での処理が難しいので、吹きっぱなしでも
良いように、ゴミが付かないようにしなければなりませんが、ゴミを
付けずに塗装をするには、塗装の専用ブースでも無ければ難しいので、
気を付けながらやるしかないでしょう。
何だか一歩進んでは、五歩位戻っているのを、繰り返しているような
気がします、疲れます・・・ハァ。(;´д`)
マスキングの途中でスジを追加して失敗、パテ埋め・ペーパー掛け・・・。↓
074
一度脱け出したと思っていた泥沼が、まだまだ(又々?)続いている感じ?
面倒なマスキング作業を繰り返し、 ↓
075
何とかシルバー塗装が ↓
076
077
終りました。
どんな風にマスキングをしたのか覚えていない位重ねていたので、
剥がすのも一苦労です。 ↓
078
ちっちゃなゴミがくっついていましたが、シルバーの上からクリアーを
吹いていたので、1,200番のペーパーで下地が出ないように水研ぎをして
ゴミを落とし、コンパウンドで磨いたら、以外と目立たなくなりました。

次はようやくマーキング作業に入りますが、またマスキングです。(;´д`)
079
マスキングしては塗り、剥がしては又、マスキング・・・(~_~;)。
白塗っては紫、しかし銀以外の色がようやく付き始めました。(^_^;) ↓
080
081

つづく

アシェット1/18零戦52型

本屋の平台に積まれていた、アシェットの1/18零戦52型・創刊号を、
うっかり買っちゃいました。(笑)
アシェットゼロ(001)
まあ別に、全部揃える気は無いのですか、創刊号は¥299-でプロペラが
入っていて、3枚のペラが連動して、可変ピッチのような可動機構になって
いるのがチョッと楽しそうなので、手を出しました。
アシェットゼロ(002)
で、組み立てたプロペラが、コレ。 ↓
アシェットゼロ(005)
組み立て途中の、可変ピッチのギア部分。 ↓
アシェットゼロ(004)
アシェットゼロ(003)
組み立て後、プロペラの一箇所をグリッと回転させると、他の2枚も連動して
回転します。 ↓
アシェットゼロ(006)
グリッとな! ↓
アシェットゼロ(007)
動画も撮ってみたりして・・・。 ↓

しかし、こんな事をしていたら、今度はエンジンが欲しくなって来たり、
来なかったり・・・。(;^_^A

2018年 明けましておめでとうございます。

2018年 明けましておめでとうございます。
年々、年月が早く過ぎるのを感じる、今日この頃です。
2018年、新年挨拶
 ↑ この様な作りかけは数あるのですが、完成まで行き着くのは、
相変わらず年1~3個程度と、寂しい状態です。
数有りゃ良いってもんでもないのですが、もう少し何とかしたいですね。
今年は何個、どんな物を作れる事やら・・・?

今年もどうぞよろしくお願いします。

         でるでる

2017年・今年は、たったの一個ぢゃ!!

何と言う事でしょう、目標3個と言っておきながら、今年完成したのは
1/72のセスナA-37B、たったの1個だけでした。
059
現在進行中のF-100Dは色々と難航中で、少し進んではまた戻るを、
何度となく繰り返していて、思ったようには進みません。
今年後半は、忙しい仕事がずっと続いていたので、その間も進みま
せんでした。
それでも全く止めないようにと、その後は少しずつでも手を動かしては
いるのです。
今日も埃の付いた部分をペーパー掛けして、シルバーを吹いています。
前ほどではないですが、それでもやっぱり埃が付いてしまいます。
しかし、このままではシルバーしか吹いていない事になるので、もう
程々の所で、次に進もうと思っています。
進みはとても遅いのですが、諦めずにF-100D を完成させて、次に
進めたいです。

今年もお付き合いくださり、ありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えください。

         でるでる

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

でるでる

ギャラリー
  • 「たーおーず」と「レオナルド」
  • 「たーおーず」と「レオナルド」
  • 「たーおーず」と「レオナルド」
  • 「たーおーず」と「レオナルド」
  • ピンバイスに行ってみる
  • ピンバイスに行ってみる
  • 近況であります。
  • 近況であります。
  • 近況であります。
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作- 010[表面仕上げと、小物パーツ]
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ