「プラモでるでる日記」・・・であります。

プラモとか、何かを作ったり、つぶやいたり、まったりおやじ日記。

1/48 P-51B マスタング・完成

タミヤ1/48 P-51B マスタングの完成画像です。
042
043
044
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
作り始めてデカールを貼った状態のまま10年以上も、ほぼ放置された
ままになっていました。
5年位前に一度再開したのですが、少し進んだ所で、また放置です。
11月13日にうちの会の例会があって、それに持って行くアイテムが中々
定まらなかったのですが、持って行けそうな完成品と言う事もあり、これの
箱を開けて眺めていている内に、何となく手が動き始めたので、そのまま
再開する事にしました。

マーキングについては、銀色の機体で下品にならない程度の派手めの
マーキングを捜していたら、エアロマスターデカールの214番に良いのが
あって、それを使っています。
エアロマスターの塗装指示には、主翼の黄帯の指定はありません。
地中海戦域で使われた味方機識別帯のようですが、時期によっても
変化があったりするので、詳しい事は分かりません。
でも派手目なマーキングの方が好きなので、入れる事にしました。
もう一種類入っているB7Eのデカールが残っているので、このマーキング
でもいつか作ってみたいと思っています。

コクピットの出来は良いので、シートベルトを追加しているだけです。
キャノピー枠は浮き出たモールドになっていて少し太めなので、そのまま
作るとごっつい感じななりそうなので、前面風防と上面部分のモールドを
削ってから、細めの枠に書き直しています。

補助燃料タンクは、先の記事でも書いているように、イギリスで開発された
強化紙製108ガロン燃料タンクが、キットに付属しています。
同じくイギリスで追加改造された、マルコムフード付きのキャノピーを装着
しているタイプとD型では、108ガロンタンクを装備している写真を見る事は
あるのですが、バードケージタイプのB型ではあまり見かけません。
同じタミヤD型のキットから、75ガロンのタンクを持って来て、B型で良く
使われている、キャップの飛び出た初期型に改造して付ける事にしました。

マスタングのタイヤは太めなので、接地面を少し平らに削っています。
でも最初から接地面を平らにモールドした物をキットに入れている
メーカーがありますが、形が気に入らなかったり、回転可動させたい時は、
一度パテ等で埋戻ししなければならず、余計な手間が増えるだけです。
平らにしたければ、自分で気に入るようにやるので、余計な事はしないで
欲しいと思っています。

手を加えた所は以上のような部分ですが、反対に脚柱のブレーキパイプ
を付けて無いとか、開いた左キャノピーの内側にもう少し手を加えた方が
良いような気がしています。
その内気が向いたら、やるかも(やらないかも)しれません。

10年以上放置されていたキットも、例会に完成品を持って行きたいと
言う思いから、何とか完成させる事が出来て、ホッとしています。
相変わらず時間がかかって、サクサク完成と言う訳には行きませんが、
それでも少しずつ完成品が増えて来ているので、この後も続けて
行きたいと思っています。

さあ、次は何を作ろう? 

1/48 P-51B マスタング・製作-002「補助タンクの工作と仕上げ」

さて、タミヤのP-51Dから持って来た75ガロン補助燃料タンクですが、
これはD型が配備された途中から使われ始めたタイプのようで、燃料
キャップがフラットなタイプになり、空気抵抗が少なくなったと思われます。
        ↓
020-a
B型でも後の方で一部は使われているようですが、D型が出現する前は、
燃料キャップが飛び出ている初期型のタイプが使われているようです。
折角B型を作っているのですから、初期タイプに改造する事にしました。
キャップ部分のモールドをタミヤパテで埋めて、ペーパーがけしています。
飛び出たキャップは、Φ2ミリのプラ棒を輪切りにし、カットした0,5×0.5ミリの
プラ角材を輪切りの左右2箇所に接着して、整形している所です。 ↓
020-b
021
物が小さいので、ハンダ付けなどに使う「握ると開き、放すと閉じる
ピンセット」を使い、パーツを掴んで整形しています。 ↓
022
023
それでもこの大きさのパーツでは、作業中に何度も「ピン!!」と何処かに
飛んで行く事があり、その度にあちこち捜しまくりです。 ↓
024
4回ほど飛ばした後ようやく見つけて、もう一個をタンクに乗せて様子を
見ようとしたら、またもやどこかにすっ飛んでいきました。
これは流石にいくら捜しても見つける事が出来ずに、仕方なくもう一度
作る事にしました。(イヤイヤ作業をしています) ↓
025
何とか2個出来た所で、すっ飛んで消えてしまう前に、とっととタンクに
接着して塗装しています。 ↓
026
027
B型のキットには、イギリスで開発された「強化紙製108ガロンタンク」が
入っているのですが、これをやめても「初期型75ガロン燃料タンク」の
パーツを入れて欲しいと思ってしまいます。
(タミヤさん検討してくれないかな~?)
他の小物パーツもほぼ塗り終わりました。 ↓
028
キャノピーを取り付けると、半分くらい見えなくなるコクピットの写真を、
この段階で撮りまくっておきました。 
シートベルトは、0.3ミリの洋白線で取付金具を作り、ベルトはプラペーパーを
細切りにして使っています。 ↓
029
030
031
032
塗料が吹き込まないようにテッシュを丸めた物を入れてマスキングをして
いたのですが、取り出す時に、肩から下げるベルトの右側真ん中の一部を
引っ掛けて、すっ飛ばしてしまいました。  ↑ ↓
033
修正は面倒くさかったので、そのまま放置です。 (;^_^A034
035
白色LEDライトを当てて撮影しているので、青白く写っています。 ↑ ↓
036
037
038
039
040
この後、小物パーツを取り付けて完成しました。
例会当日の朝9時でした。(また徹夜かい!?)(;^_^A  ↓
041
最後、例会までに時間が無くなったので、脚柱に付くブレーキパイプは
取り付けられませんでした。
その内気が向いたらやるかもしれませんが、分かりません。
この後風呂入って、1時間半ほど寝て起きて、飯食って例会会場に
向かいました。
完成画像は、近日中にアップする予定です。

1/48 P-51B マスタング・製作-001

11月13日(日) に、うちの会の例会がありました。
日にちは前後するのですが、その時に持って行ったタミヤ1/48の
P-51Bマスタングの、製作記事をアップします。
前回の例会が終わってから、何を作ろうか迷走していたのですが
ドンドン時間が無くなり、気が付くと10月半ば・・・。
以前作りかけていたタミヤ1/48のP-51マスタングの箱を開けて
眺めていたのですが、何となく手が動き始めたので、これをそのまま
作る事にしました。
実はこのキット、作り始めてデカールまで貼っていたのですが、
途中やる事が多くて面倒になってしまい、頓挫したまま10年以上
ほったらかしになっていました。
10年前から、ほぼこの状態でした。 ↓
001
決してタミヤのキットの出来が悪い訳ではありません。
出来が良いので、それ以上やってみたくなっただけの事です。
5年位前だったと思いますが、キットのキャノピー枠が飛び出ているのと、
チョットだけ太いように感じたので、ペーパーで削り落として、少し細めの
枠に書き直しました。
あっ、修正したのは第1風防と、上面の部分です。
サイドはそのまま。 ↓
002
尾翼のチェッカーは、黄色塗装の上からデカール貼りです。
貼った上からクリアーを吹いていたのですが、デカールのクリアー部分を
どうしても剥がしたくなってやり始めたは良いのですが、直ぐにもの凄く
面倒になってしまい手が止まり、そのまま中断したままになっていました。
今回ようやく、やる気が出たので再開です。
一部黒い部分のデカールまで剥がれてしまったので、後からフリーハンドで
レタッチして修正をしています。 ↓
003
垂直尾翼のデカール透明部分を、剥がし終わった所です。 ↓
004
当時デカール貼った上から機体全面に、つや消しクリアーを吹いています。
後からティッシュペーパーで擦って部分的にツヤを出そうとしていたの
ですが、今になって面倒な上、上手く行くような気がしなくなったので、
半ツヤクリアーを吹いて、それで良しとする事にしました。
まずは胴体側をマスキングしています。
機体全部に同じ半ツヤを吹くのですが、一度に吹くと胴体と主翼付け根の
辺りに吹き溜まりが出来て、ブツブツになったりする事があるので、胴体と
主翼を分けて吹くためです。 ↓
005
006
主翼が乾いたので、今度は主翼をマスキングしています。 ↓
007
008
手を付けていない小物のパーツ達です。
このB型のキットには、強化紙製108ガロン補助燃料タンクが付属
しています。
資料の写真を見ていると、B型で実際に使われているのは、75ガロン
補助燃料タンクの方が多いようです。
パッケージのイラストにもなっているジェンティリ(ゼンタイル)大尉機も、
実機の写真ではイラストとは違って、75ガロン補助燃料タンクを装備
している写真が確認されます。
75ガロンタンクはタミヤのD型のキットから持って来ました。 ↓
009
11月6日になって、ようやくプロペラ先端の黄色を吹いています。 ↓
010
75ガロンタンクとパイロンのブレ止め用に、穴を開けています。
ブレ止めは0.4ミリの洋白線です。 ↓
011
ブレ止めの洋白線を差し込んで・・・ ↓
012
丁度良い長さにカットしている所です。 ↓
013
ブレ止めの工作が終わりました。 ↓
014
機体と補助タンクをつなぐ、燃料接続パイプも付けた所です。
0.6ミリの洋白線を使っています。 ↓
015
016
017
018
もう一本出ているのですが、後で取り付けやすいように、機体・主翼側に
取り付けています。 ↓
019

つづく

嬉し恥ずかし無知の味 モーターの失敗

密林散策は楽しいので、買う買わないに限らず色々歩き回っていると
気になる物に出くわすので、気になった物は一応ブックマークしておきます。
その内にどうしても欲しいものは、もちろん懐の具合と相談した上で
折り合いが付いた物は、やっぱりポチッてしまいます。
少し前に密林をうろついていると、大好物のミニ&マイクロモーターが
色々出てきました。
そもそもモーターは、子供の時からとても大好きでした。
モーターライズのプラモデルはもちろんの事、ボール紙で自作したリモコン
自動車やモーターボート等、唯の板や紙が工夫次第で、生き生きと
動くおもちゃになって行くのですから、モーターを持っているだけで、
夢が一杯に広がっていくのです。
最近では携帯電話の普及からマイクロモーターが作られるようになり、
それがオモチャに応用されていたり、他にもプリンターやデジカメ、
車のパワーウインドウやパソコン等、ありとあらゆる物に使われています。
電気についてはあまり詳しくはありません。
しかしモーターをギアボックスに組み込む、或いはプロペラに直結して
回転させる位は、何と言う事も無いはずです。
マイクロモーターの中にはステッピングモーターと言う物もあり、
ピニオンギア-も付いています。
知らない事とは恐ろしい物で、ミニ&マイクロモーターと言うだけで、
見ているだけで楽しくなって来て、工夫すれば狭いスペースに組み込んで、
何とか動かす事が出来るだろうと思ってしまいました。
他にもプラのギア-セットとかもあったので、何種類かのモーターと一緒に
ポチってみました。
ステッピングモーター
各種ギアセット
届いた商品を開け、モーターを取り出して電池に繋いでみました。
動きません。
しかし一瞬ピクリとします。
何もしていない状態で軸を手で回すと普通に回転しますが、通電した
状態で回そうしても、動こうとしません。
ステッピングモーターを検索してみると、ステップを刻むのが得意な
モーターなのだそうです。
プリンターやスキャナー、デジカメ等に使われているそうです。
乾電池を繋いでも周りません・・・とも書いてあります。
ステッピングモータ用の駆動回路(ドライバユニット)が『必ず』必要
なのだそうです。
電気が不得意なのに、何だか面倒くさい事になって来ました。
しかしもう少し調べれば、必要な駆動回路(ドライバユニット)を
手に入れて、何とかする事は出来そうです。
問題なのは、これで何をさせるか?と言う事なのですが、今は何も
思い付きません。
パッと見だけの思い付きで手に入れた「ステッピングモーター」ですが、
何かの利用法が見つかるのか、或いは唯の用無しのパーツとして
ほっぽり出されたままになるのかは分かりませんが、これからゆっくり
考えて見ることにします。
ちょっと高く付いたお勉強と言う事でしょうか?
その前にもっと早く気が付けよ!と言うのが本当でしょうね。(;^_^A

「ピックガード・フィンガースロープ」

息子に頼まれていたベースギターの「ピックガード・フィンガースロープ」が
出来ました。
前回作った物を型紙に取って、製作範囲を決めています。 ↓
b001
んで、出来上がった物がこれです。 ↓
b002
メタリックオレンジに塗られたこれは、一体何でしょう? ↓
b003
ベースギターに装着した所です。 ↓
b004
b005
ハイ!答えは「ピックガード・フィンガースロープ・ハロウィン仕様」です。 ↓
b006
ハロウィン好きの息子の、ハロウィンかぼちゃのイメージスケッチを元に
作りましたが、とても気に入ってくれたので、ミッション終了です。

それでは例会に向けてプラモ製作を・・・と行きたかったのですが、急ぎの
仕事が入り、まずはそちらの方からやっつけなければなりません。
そしてようやく一段落した所で、無くなった塗料や材料の補充に、秋葉原へ
お買い物です。
少し前にお友達の家野良さんに、「これからはあまりプラモを買わない
ようにしたいと思う」と話をしていました。
何故かと聞かれたので、買っても直ぐには作らない・作れない状態が続く
ばっかりで、その間にも少しずつプラモは増えていくので、これ以上
増やしてもどうにもならない気がして、家にある物でも充分じゃないかと
思った訳です。
しかしその舌の根も乾かない内に、材料を買いに行った時に何と、
数年前に発売されたけど入荷量が少ないのか、一度も見かけた事の
無かったエアフィックスの「EE.ライトニングF.2A」がボークスに一個だけ
置いてあるではないですか!
10234186p
エアフィックスの「EE.ライトニングF.2A」があったらこれだけは手に
入れたい!しかしそんな都合よく入荷している筈は、ある訳が無い!
と思っていた矢先の出来事です。
プラモの神様のプレゼントか?悪魔の囁きか?
まっ当然ですが、速攻抱きかかえてレジに直行したのは言うまでも
ありません。
さてライトニングはいつ作るのかは置いといて、例会に持って行くプラモ
を・・・、ここで電話が入り、終わった仕事のリピート・前回作った物と同じ
物を1セット追加でお願いします!と連絡がありました。
うわっはははは!普段の行いが良いせいか、こういう時に限って急ぎの
仕事がドンドン来やがるぜ!! 流石だぜ、俺!!
例会は何持って行こう・・・? (;^_^A (;^_^A

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • お店の話
  • お店の話
  • お店の話
  • お店の話
  • お店の話
  • 死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・004
  • 死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・004
  • 死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・004
  • 死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・004
  • 死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・004
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ