前回の記事から、少々時間が経ってしまいました。

あれから間もなく、フロートを付けてはいたのですが、それだけだったので
もう少し工作をと思い、ディスプレイ台の工作をしていました。

キットには台車というか、ドーリーのパーツは付属していますが、私は
あの形があまり好みではありません。

なので、フロートを立たせるパーツは流用する事にして、チョット工作を
してみました。

その前に、フロートが付いた状態です。
015

016

ドーリーのこのパーツを流用します。
017

ドーリーの枠の内側にぴったり合わせた、1ミリ厚のプラ板をカットします。
018

ぴったりはめ込みました。
019

次に、枠の外側の部分のパーツです。
020

ドーリー枠の、外側のサイズにカットした1ミリ厚のプラ板です。
ドーリーの先端はカットします。
021

内側・外側のプラ板を接着して裏返し、プラ板と真っ平らになるように、
出っぱりをカットします。
022

裏側のカットが終わったところです。
023

ここでフロートが乗る真ん中の部分の、下側の不要部分をカットして
おきます。
024

隙間や段差を消すために、タミヤパテを塗りたくっています。(表)
025
(裏)
026

パテが乾いた後、ヤスリ・耐水ペーパーで平らにした所です。(表)
027
(裏)
028

フロート受けの部分を、接着しました。
029

030
フロートを乗せて、接地する部分のガタや隙間を無くすように、削ったり
プラ板を貼ったりして、調整しています。

この後は、木製台の上に接着して、塗装作業です。

つづく