さてここへ来て何かとつまづきの多い強風なので、ちょっと気分転換に、
最近手に入れたマスターボックスの「ピンナップガールズ」を眺めて
見る事にしました。
パッケージです・表。
001表
パッケージ・裏。
002裏
スケールは1/35で、6体入りのセットです。
中々に素敵なイラストです。
パーツを両面テープで仮止めした物を、撮影してみました。
003
004
005
006
「マスターボックスは、パッケージの絵を買うんだよ。キットはおまけと
考えれば良いんじゃね?」と、口の悪い知り合いが言っていました。

う~ん確かにイラストのお姉さんは八頭身以上の美人に描かれて
いるのですが、仮組みしたキットの方は、足が細く上に行くほどゴツくなり、
頭も結構デカくなって、少々バランスが悪いような気がします。
イラストと中身のギャップが~~~。 

このまま組むか、それとも修正を加えていくか?
しかし手を加えるとなると簡単には行かず大ごとになってしまい、最後は
いっそ最初から作った方が早いか?何て事にもなりかねないので、
ここはもう少し良く考えたほうがいいかもしれません。
折角今まで待ち望んでいたようなキットが出たと喜んで飛び付いた
のですが、色んな意味で悩ましいキットです。

口の悪い知り合いの言う通りと考えれば、マスターボックスなんだから
こんな物だろうと、納得出来なくもないキットではあります。

しかしそう言いながらもこれをシリーズ化して、第2弾はポーズ違いの
ピンナップガールを出して欲しいとつい期待してしまうのは、長年積み
上げたエロパワーの成せる技でありましょうか・・・。