マスキングが終わりました。(下面から見る) ↓
054
グリーンを吹く前に、クリアーかベースと同じ色を吹きますが、今回は
ベースと同じ黄色を吹く事にしました。
これはマスキングテープの隙間から、グリーンを滲ませないように
するためなのですが、思い描いた通りに行くのかは、やってみないと
分かりません。
塗膜が厚くなるという、デメリットもあります。 ↓
055
次にマーキングのグリーン塗装です。 ↓
056
057
1日置いて乾燥させたので。マスキングを剥がします。 ↓
058
060
059
061
ある程度予想はしていましたが、塗膜は厚くなり、色の境目は
エッジが立った上に、さらに色も滲み出ると言う、理想のようには
上手く行かないものです。

エンジン周りの金属部分のグリーンより、少し明るめの色にして、
変化を付けてみました。 ↓
062
063
今回、尾翼のデカールを上手く貼る自信がなかったのもありますが、
箱絵や説明書では尾ソリ・スキッド上の部分が、縦方向のマーキングに
描かれているのに対して、デカールをそのまま貼ると、下の画像の
ように斜め方向のマーキングになります。 ↓
064
箱絵。(尾翼の下側に注意) ↓
000_アルバトロス_pack
これはエデュアルド1/48のデカールでは縦方向になっていて、
ウイングナットウイングスの1/32でも同じです。
斜めになるのは、この1/72のデカールだけなので、エデュアルドの
新解釈か間違いのどちらかと思います。
多分間違いと思いますが、このマーキングの実機の写真はまだ
見た事が無いので、確証はありません。

さてこの後は、マスキングテープの境目の段差や、色がはみ出した
所の修正をしなければなりません。
どうやろうかな~?