退院してから2週間経ちましたが、体調はその後目立って怪しい処も
無いようで、このまま回復に向って行ってほしいものです。
模型製作の方は、細かい作業に集中出来なかったので、しばらくは
何もやらずにいたのですが、体調が良くなって来てからも、いまだに
呆けた感じのままになっています。
・・・で、相変わらずの「デカいの蔵出し・仮組みしてみてるの!」
の作業中。 (○^ o ^○)v

エアフィックス 1/24 フォッケウルフ Fw190A-5/A-6 。 ↓
1/24 001
デカいです。
最初パーツのラインやリベットとかを見ると、凹モールドになって
いるのですが、これを見ているとドンドンやる気が削がれるような
「ダル」なモールドです。
新発売になった時に手に入れたので、既にうん十年が経過しています。
放置状態だったのですが、今回ようやくマスキングテープを使い、
仮組みをしてみる事にしました。
仮組みして分かったのは、流石エアフィックスです。
全体の形が実に良く、まさにフォッケウルフ Fw190A そのものと
言った感じです。(格好良い!!)
パーツ同士の合わせはあまり良いとは言えず、物が大きいだけに、
組み立てには苦労しそうです。

同じ 1/24 のイタレリ製・フェラーリ 250 GTO と一緒に、撮影して
みました。
(屋根の上に座っているのは、フォッケのパイロット) ↓
1/24 002
パイロットを運転席に。 ↓
1/24 003
1/24 004
同じエア 1/24 の、メッサーシュミット Bf109 E (胴体だけ)と撮影。 ↓
1/24 005
1/24 006
エア 1/24 E 型、ハセガワ 1/32 F 型、ICM 1/48 F 型を並べて
撮影してみました。 ↓
1/24 007
1/24 008
見慣れて来ると 1/32 でも、ちっちゃい感じがして来ます。