前々から行きたかったのですが、仕事や雑用などで延び延びに
なっていた「根付と提げ物」展に、昨日ようやく行って来ました。
場所は「押上駅」から歩いて約10分程度の所にある「たばこと
塩の博物館」での特別展で、7月3日(日)までやっています。
「根付と提げ物」展
押上駅から暫く地下道を通ってから地上に上がってすぐ見えるのが、
間近にそびえるスカイツリーです。
近くに見えると何故か必ず写真を撮ってしまいます、パチリ。(何故?)
スカイツリー
てくてく歩いて約10分、「たばこと塩の博物館」に着きました。
「根付と提げ物」の展示は2階でやっていました。
膨大な数の根付が展示されています。
数も凄いのですが、手の平半分程度の大きさで、何故そこまで
やるか?と言うような造形が凄いです。
確かに物を作るような仕事をしていると、最初はそれ程では
なくても、長い間やっているともうチョットとか、見る人を少し
驚かしてやろうとか、もっと凄い物を作ってやると、最後は
意地になって作っている事があります。
いつかはこんな物凄い根付を、1個位は作ってみたいものです。
「根付と提げ物」は7月3日までの特別展ですが、「たばこ」と
「塩」に関しては、常設のようであります。
どちらも中々見応えがあるのですが、世界の塩の展示は
「結晶好き」?にとっては、見逃せないものがあります。
直径約50センチ、高さ約1メートルの岩塩の塊とか、透明な
板状の結晶とか、ワクワクして来ます。
昨日の気温はそれ程高くはなかったのですが湿度が高く、少し
歩き廻っただけで、汗だくになってしまいます。
岩塩や透明な塩の結晶を見ていると、「塩分補給にチョット
それを抱えて、舐めさしてくれ~!」と思ってしまいました。
一通り見終わって1階の売店コーナーを眺めていると、
「カラフル岩塩・3色セット」と言うのが置いてあり、
「それ、食べられます。おろし金で削って使えます」と
店員さんが教えてくれました。
カラフル岩塩(001)
カラフル岩塩(002)
大汗をかいて体が塩分を求めていたためか、既に買う気は満々で、
その中でも6パックあるのを見比べてみると、クリスタルの中では
このパックの1個だけに素敵な四角く透明な塊の物があり、
「君に決めた~!」と、このカプセル(パックだろ!)を持って
レジ行きです。

大汗かいて疲れたけれど、折角出掛けているのだからと思い、
秋葉原に行く事にしました。 (^o^)v
先日ネットで見つけた情報で、本を買いました。
それがこれ。 ↓

ボディーと一体になっているドアやボンネット&トランクを
カットして、可動に出来るように改造するやり方が書いてあります。
読んでみて絶対無理と言う感じではなく、何とか出来そうな
工作なので、地味~に我慢強く頑張れれば、もしかすると
出来るかもしれません。
皆さんそれぞれに頑張って独自に工夫を凝らし、ドアの開閉
可動とか皆んなが思っていても中々やらない事を実際に始めて、
それを昇華しているのが凄いです。
やっている途中で、やる気が増すか、それとも失せるかは
分かりません。
でも見ているだけでも、楽しい本です。(私は)
この記事の中に「ICソケットを使ってヒンジの受けに使ったりする」
と書いてあり、色々と使えそうなパーツのようなので、秋葉原
行ったついでに電気屋さんを覗いてみました。
電気に疎い人間が電気のパーツショップに行っても、どこを探せば
目的のパーツが置いてあるのか見当も着きません。
しかし、聞き難い雰囲気の中で一々店員さんを捕まえて聞くのも、
そもそも何をどう聞いて良いかも分からないので、そこら辺の
壁一面にあるパーツケースの、よく分からないパーツ名を読みながら、
ケースを開けて適当に眺めてみていました。
すると何と言う幸運でしょう?
「こ、これはもしかして、目的のICソケットでは無いのか?」
偶然にも、適当に開けたケースに目的の「ICソケット」が
入っていました。
ICソケット
画像下の20個連なって、黒いプラの四角から金属ピンの出ている奴が
「ICソケット」です。
また欲しくなっても、次にお店に行った時にもう一度見付けられる
自信が無いので、思い切って4セット買う事にしました。
20連(1セット)✕4個。 (20個から1個づつ切り離して使う)
思い切って買っちゃったな~。
いや~20個1セットで¥150ですから・・・✕4セットで600万円也!
これで車の模型のドアヒンジの受けは、一生困らないでしょう! (;^_^A
(いや、本来の電気の通電接続にちゃんと使えますから・・・)
「チップLED」と「ポリウレタン銅線」もようやく手に入れる事が
出来ました。
さあ、これで準備万端、後はもうただ作るだけです。 (;^_^A (;^_^A (;^_^A