タミヤ1/48 P-51B マスタングの完成画像です。
042
043
044
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
作り始めてデカールを貼った状態のまま10年以上も、ほぼ放置
されたままになっていました。
5年位前に一度再開したのですが、少し進んだ所で、また放置です。
11月13日にうちの会の例会があって、それに持って行くアイテムが
中々定まらなかったのですが、持って行けそうな完成品と言う事も
あり、これの箱を開けて眺めていている内に、何となく手が動き始め
たので、そのまま再開する事にしました。

マーキングについては、銀色の機体で下品にならない程度の
派手めのマーキングを捜していたら、エアロマスターデカールの
214番に良いのがあって、それを使っています。
エアロマスターの塗装指示には、主翼の黄帯の指定はありません。
地中海戦域で使われた味方機識別帯のようですが、時期によっても
変化があったりするので、詳しい事は分かりません。
でも派手目なマーキングの方が好きなので、入れる事にしました。
もう一種類入っているB7Eのデカールが残っているので、この
マーキングでもいつか作ってみたいと思っています。

コクピットの出来は良いので、シートベルトを追加しているだけです。
キャノピー枠は浮き出たモールドになっていて少し太めなので、
そのまま作るとごっつい感じななりそうなので、前面風防と上面
部分のモールドを削ってから、細めの枠に書き直しています。

補助燃料タンクは、先の記事でも書いているように、イギリスで開発
された強化紙製108ガロン燃料タンクが、キットに付属しています。
同じくイギリスで追加改造された、マルコムフード付きのキャノピーを
装着しているタイプとD型では、108ガロンタンクを装備している
写真を見る事はあるのですが、バードケージタイプのB型ではあまり
見かけません。
同じタミヤD型のキットから、75ガロンのタンクを持って来て、B型で
良く使われている、キャップの飛び出た初期型に改造して付ける
事にしました。

マスタングのタイヤは太めなので、接地面を少し平らに削っています。
でも最初から接地面を平らにモールドした物をキットに入れている
メーカーがありますが、形が気に入らなかったり、回転可動させたい
時は、一度パテ等で埋戻ししなければならず、余計な手間が増える
だけです。
平らにしたければ、自分で気に入るようにやるので、余計な事は
しないで欲しいと思っています。

手を加えた所は以上のような部分ですが、反対に脚柱のブレーキ
パイプを付けて無いとか、開いた左キャノピーの内側にもう少し
手を加えた方が良いような気がしています。
その内気が向いたら、やるかも(やらないかも)しれません。

10年以上放置されていたキットも、例会に完成品を持って行きたいと
言う思いから、何とか完成させる事が出来て、ホッとしています。
相変わらず時間がかかって、サクサク完成と言う訳には行きませんが、
それでも少しずつ完成品が増えて来ているので、この後も続けて
行きたいと思っています。

さあ、次は何を作ろう?