さあ仕事も終わり、銀塗装の続きを再開です。
胴体の銀塗装をした所をマスキングして、胴体前後の銀塗装です。 ↓
038
039
・・・と、ここまでは良かったのですが、銀を吹き始めて??「ああ~!
下地のクリアーを吹くのを忘れた~!」となり、キットでは別パーツに
なっている左機銃弾薬充填パネルを接着したので、その隙間を埋める
ために、プラ板やパテを使って埋めていたのですが仕上げが悪く、
銀塗装をしたら表面のブツブツがハッキリ見えてきたので、しょうが
ないので、溶きパテで埋める事にしました。 ↓
040
クリアーの吹き忘れは、銀の上からもう一度クリアーを吹いてから、
銀塗装をする事にします。
早く進めたいので、自分としては珍しく素早く作業を再開したのですが、
慣れない事 (^_^;) をやったためか、この有り様です。
(徹夜仕事の疲れも、まだ残っているのかな~?)
で、塗装作業はパテを磨いてからになるので、一旦エアブラシを掃除
する事にしました。
ところがあろうことか、エアブラシのニードルを引き抜く時に、最後の
部分でうっかり手の角度を曲げてしまい、ニードルの先端をひん曲げて
しまいました。(ぎゃ~~~!!)
曲がった先端を曲げ直し、ミニ旋盤に取り付けて回転させながら、
曲がり具合を見ながら何とか修正し、先端をオイルストーンで磨いて、
一応直した感じにしました。
本体に取り付けて、薄め液を吹いた感じでは、一応何とか吹けそうな
感じになりましたが、実際に塗料を吹いてみなければ、何とも言えません。
がっかりな日です、(~_~;)
残りの半日は、がっかりにならなきゃ良いのですが・・・。

つづく