「プラモでるでる日記」・・・であります。

プラモとか、何かを作ったり、つぶやいたり、まったりおやじ日記。

1/48 F-100Dスーパーセイバー

モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-003[リベット打ち]

7月9日(日)の例会に持っていくはずが、家の用事やら急ぎの仕事が
重なって、あれから殆んど進みませんでした。(情けな~)
例会後にボチボチ続きを再開しています。
キットの一部は、マイナスネジのモールドがしてあるのですが、ペーパー
をかけた後で再生は難しいので、リベット打ちをした後で、0.4ミリの
ドリルを使って、軽くサラッてみています。
030
こうやってデカい画像で見ると、間隔が一定でなかったり、深さもマチマチ
で、同じ線上に並んでいなくて、ヘロヘロ波打っていたりしてます。
処々、変化を付けようと思って、0,5ミリのドリルを使った部分の穴が
デカ過ぎて、醜い感じにもなっています。
・・・が、このまま進めてしまいます。(面倒だからね・・・オイ!)
しかし、わざわざリベット位置を調べてやっている訳ではなく、キットの
モールドをそのままなぞってやっているだけなのに、結構時間が
掛かって、まだ終わっていません。
早くシルバー塗装を始めたいのですが、焦って失敗してもしょうが無い
ので、もう少し我慢して続けています。(後、少しじゃ~!)

モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]

リベット打ちが終わって表面を綺麗にし、薄め液でシルバー塗装を
落としているのですが、中々上手く落ちてくれません。 ↓
014
これは、下地にクリアーを吹いてから、クレオス⑧番シルバーを吹き、
暫く放置していた後で、ギルディングシルバーが手に入ったので、
⑧番の上から重ねて吹いて、更にその上からクリアーを吹いています。
お陰で(?)簡単には落ちてくれません。
しぶとくて落ちにくいので、昔20代の頃に買ってあった「ウオッシング・
クリーム」と言うのを思い出したので、使ってみる事にしました。 ↓
015
塗料や油落としと書いてあります。
以前、バイクをいじった手がオイルまみれになったので、手に取って
洗うように使って拭き取ると、オイルやグリースが綺麗に取れました。

映画「マッド・マックス」の最初の方のシーンで、警察無線を聞きながら、
路上で車整備をしていたマックス(メル・ギブソン)が、手に付いたオイルを
手洗いするようにして、タオルで拭き取る時に使っていたアレと、多分
同じような物です。
この後、脱獄して警察車両を盗んで暴走する「ナイト・ライダー」を、
インターセプターでマックスが追跡するのですが、カッコ良かったな~
メル・ギブソン!

横道にそれました。(;^_^A
使ってみたら、落ちるには落ちるのですが、時間も手間もそこそこ
かかります。
まっ、焦らずやる事にします。 ↓
016
017
018
019
おおよそのシルバー落としが終ったので水洗いをし、乾燥させます。 ↓
020
水洗いの時に、コクピットのマスキングを一旦剥がしたので、写真を撮って
おきました。 ↓
021
022
023
024
025
026
027
028
029
コクピットも脚収納部も、追加工作などは一切していません。
モノグラムのキットのモールドのままです。
コクピットはモールドに彩色をしているだけです。
好みにもよりますが、今時のキットのようにエッチングを使ったり、やたら
パーツ分けしていなくても、充分表現出来るのでは無いかと思います。
パーツが一体化し過ぎで、塗り分けが大変な所はありますが・・・。(;^_^A

この後は、薄め液でもう一度残ったシルバーの塗料落としをしてみて、
それでも落ちないようなら、そのまま塗装にはいる予定です。

モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-001[研ぎ出し]

モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー、センチュリーシリーズの
トップバッターです。
胴体・主翼を組み立てて、シルバーを吹いた状態で、長い間放置した
ままにしていました。
(ブログも1ヶ月放置・・・(;^_^A)
001
002
2007年6月に撮影した物なので、丁度10年前・・・。(^_^;)   ↑

さて今回、例会に何を持って行こうか、アレコレ箱を明け閉めして
いましたが、ようやく腹を決めて、これを仕上げる事にしました。
今回引っ張り出した状態。(10年前と何も変わっていない)  ↓
003
このキットは1980年製ですが、モノグラムがオニのような超絶
モールドを始めた頃のキットです。
しかし、素晴らしいモールドではあるのですが、凸モールドです。
そのままでは、音速を超えたジェット機らしくありません。
かといって筋彫りを堀直し、綺麗に凹モールドにしてから塗装を
するなどという根性はありません。
折角綺麗なモールドなのですから、そのままシルバーで塗装をして、
後から研ぎ出す事にしました。
そうすれば面が平らになり、綺麗なモールドが浮き上がって来る筈です。
(という事をやろうと思ったままで、長い間放置プレイを続けていました)

1,000 番の耐水ペーパーで水研ぎしているところです。 ↓
004
005
006
007
008
009
モールドが綺麗に浮き出てきています。 ↑
出て来たモールドの上を、カッターでスジ入れをしています。 ↓
010
011
こうすれば後からスミ入れをする事も出来、再塗装をしてもモールドが
消えてしまう事も無くなります。
最初、スジボリ用ガイドテープや、細く切ったプラ板をゲージにして
スジを入れてみましたが、見た目からチョっとずれたりして、何か
上手く行きません。
しょうがないのでガイドを使うのを止め、モールドを目安にして、
フリーハンドでスジ入れをする事にしました。
息を潜めて気持ちを集中させて、カッターをス~っと・・・、
ふ~、何とかなりそうです。(^_^;)
しかし、チョッと気を許すとラインが外れてヨレヨレに・・・。
集中力が無くなったら一休みして、それからまた再開です。
スジ入れが終わったら、次はリベット打ちですが、こちらはある程度
打ち込むと、手が痛くなって来ます。
これも、休み休みの作業で・・・。 ↓
012
スジ入れとリベット打ちだけで終わらせようと思っていたのですが、
最初に塗装した時には、まだ今ほどシルバー塗料の種類も多く無く、
クレオス⑧番シルバーで塗装をしているので塗膜が弱く、下地が出て
きたり、ガイドテープの糊で塗料が剥がれたりしてきたので、もう一度
ペーパーで表面を綺麗にしてから、薄め液で塗料を洗い落として、
シルバー塗装をやり直す事にします。
(そう甘くはありませんでした。)(^_^;)
今はシルバー塗料も色々な種類があり、そのまま塗装をした面に
マスキングをしても、塗膜が強く剥がれにくい優れた物があります。
今回使おうと思っているのは、藤倉応用加工のギルディングシルバーと
いう塗料です。 ↓
013
この塗料はとても輝きが良く、塗膜も強いので、塗装した面に
マスキングをしても、塗膜が剥がれる事はありません。
表面を綺麗な艶ありに仕上げてから塗装をすると、丁度タミヤの「艶消し
メッキシルバー」のそれと、ほぼ同じ程度の仕上がりが期待出来ます。
(※あくまで、個人の感想です。仕上がりを保証するものではありません。
私は、一切の責任は持ちません。)(;^_^A
※藤倉応用加工のHPで通販をする事も出来ます。
http://www.fok.jp/

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-003[リベット打ち]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ