「プラモでるでる日記」・・・であります。

プラモとか、何かを作ったり、つぶやいたり、まったりおやじ日記。

プラモ

死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・002

「レベル1/10 アリソン ターボプロップエンジン」。
007
エンジンが左右で真っぷたつに開き、中の圧縮用ファンが回転して、
ターボプロップの構造がとても分かりやすく出来ている、教育的キット。
この博物館に展示されていそうなキットは、他にも各パネルが開閉して、
プロペラの減速比を変える構造が解ったり、スピンナーの先端を回転
させると、内蔵されたギアーによってプロペラがピッチを変える構造を
見る事が出来る。
教育的&博物館的アイテムだからと言って、決してオモチャっぽい
出来ではなく、ちゃんとリアルなスケールモデルとして充分通用する
レベルである。
008
モールドの刻印を見てみると、1960年!となっております。
1960年にこんなキットを世に送り出しているレベルの凄さに脱帽です。
1970年頃の「航空情報別冊・プラモガイド」で紹介されていた記事を
読んで、もの凄く衝撃を受けました。
しかし当時でも既に模型屋で見かける事は無く、幻のようなキットと
化しておりました。
1980年頃でしょうか、レベルが「ヒストリーメーカー・シリーズ」として、
往年の名作キット(と、思われる)を数点、再販した事がありました。
その時手に入れる事が出来ましたが、90年代に入ってから今度は
ドイツレベルから再販されて、それも手に入れました。
ヒストリーメーカー・シリーズの時は¥6,500-と、ちょっとお高かかった
のですが、長い間恋焦がれていたキットだったので、何とか手に
入れました。
ドイツレベル版は¥3,600-位と、かなり手に入れやすくなっていて、
これは迷わず手に入れました。
009
先日、某模型店でオリジナルの初代パッケージ版を売っているのを
見る事が出来ましたが、数万円の値段が付いていました。
写真では見た事がありましたが、現物を見たのはこの時が初めてでした。
買えないけれど、ちょっと嬉しくなりました。

ドイツレベル版の方を少し仮組みをしたり、一部にディティールアップを
したりしていますが、途中で止まったままになっています。
何度も再開しようとはしているのですが、手強い相手なので、直ぐ手が
止まってしまいます。
でも、このキットもそろそろ・・・。(;^_^A

死ぬまでに、作っておきたいプラモデル・・・001

「花見の写真を載せると、ま~た何時までたっても更新されないよ~」
と言う声が聞こえてきそうな、今日この頃・・・。(;^_^A
中々次のが進まず、脳内モデリングのみで、停滞しています。

自分が死ぬまでに、どうしても作っておきたいプラモデルと言うのを
考えてみました。
しかしそういう物に限って、手間の掛かるキットだったり、
思い入れがもの凄く強くて、あれやこれや手を入れたくなって、
簡単には出来無いような事に陥ってしまいます。

例えば「レベル1/40 スカイレーダー」。
001
002
あの「飛ぶこと以外は何でも出来る」と言うキャッチフレーズで有名な、
オール可動&連動キットです。
003
この当時凸モールドが当たり前の時代に、何と凹モールドに沈頭鋲
(チョッとヘロヘロしてるけど味わいと考えれば・・・)(;^_^A、プロペラ回転、
スライド可動キャノピー、主翼折りたたみ可動、完成後もカウリングパネル
取り外し可能・内蔵エンジンが見られる、各補助翼可動、そして胴体
パイロンを前後にスライドさせると脚が連動し90度回転して主翼内に
折りたたまれて収納可動、着艦フックを前後にスライドさせると胴体の
3枚有るエアブレーキが連動し、開いたり閉じたり可動すると言う、
至れり尽くせりの仕掛けが付いているのです。
凄い!凄すぎる!
でも手間がかかり過ぎるので、おいそれとは手が出しにくい。
凄すぎて、これ作っている間に死んでしまうんじゃないか?とさえ、思って
しまいます。(笑)
中学生の時にこのキットの存在を知り、それから毎日のように夢にまで
出て来ていました。
高校生になってからようやく模型屋でこのキットを見つけた時は、「遂に
これを手に入れられる時が キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! と、
購入してからも小躍りしていました。(当時、¥1,200-~¥1,300-)
当時、夏休みか冬休みにこれを作ろうと思い、いつも使っているラッカー
系のレベルカラーではなく、初めて手に入れたエナメル系のハンブロール
を試しに使ってみる事にしたのです。
主翼下面に艶消しホワイトを筆塗りしたのですが、乾燥したらパキパキと
クラックが入り、プラがもろくなって割れてくるのです。
それから何年もしてから、エナメル系の溶剤がプラを侵してもろくなると
言う事を知ったのでしたが、その時は原因が分かりませんでした。
(プラモ用のカラーで、それは無いだろうと言う気がしますが・・・)
その時のスカイレーダーは、やる気が失せたのと、どうやって修復すれば
良いのか分からず、結局そのまま仕舞い込んでしまいました。
今手元にあるキットはその後手に入れた物で、当時のトラウマで中々
手を付けられずにいるのですが、やるならソロソロ始めなければ
行けないような気がしている所です。

橋本喜久男氏作図の、カラーイラストです。
004
デカール、思いっ切り黄ばんでいます。(使えるの?使うの?)
005
006

1/72 セスナA- 37B・製作-009[完成]

購入して40年近く経ってから、今回始めて製作を開始して、ようやく
完成しました。 ↓
040
041042
043
044
水平尾翼左右先端に付いている「FMホーミング・アンテナ」は、テグスを
使えば作業中や、持ち上げて眺めたりしている時に間違って触っても、
刺さったりひん曲がったりしないだろうと思いました。
鮎釣り用のメタルラインか、多分同じ物を使っていると思われるモデル
カステンのメタルリギングを使えば、ピン!と真っ直ぐなアンテナが
出来るとは思いましたが、0.062ミリサイズの物しか持っていなくて、今は
何個も買う予算も無かったので、ナイロン・テグスを使う事にしました。
癖の付いたアールの修正方法は、前の記事に書いた通りです。
045
046
047
048
049
050
051
052
053
054
055
056
057
058
40年以上前に発売された古いキットで、今の目から見れば流石に古さを
感じ、今作ろうとすればそれなりの手間もかかりますが、この頃の
ハセガワの意気込みが感じられるような、良いキットだと思います。
発売されて直ぐの頃からずっと作りたいと思っていながら、いざ作ろうと
なると何故か二の足を踏んでしまい、今に至ってしまいました。
今回、簡単に出来上がると思って、簡単に作り始めたキットでしたが、
思った以上に手間がかかります。
しかしここで止まってしまうと、いつになったら完成するのか、また
分からなくなってしまうので、ここは我慢して、なんとか最後まで持って
行きました。
いや、わずか15cm程度の大きさで、パーツも少なく小さなキットですが、
とても楽しめました・・・とも、言えるのかもしれません。
何はともあれ、今年最初の完成品が出来ました。

さてこの次は、そろそろ大作にでも挑みますか?(無理だな、きっと・・・)

1/72 セスナA- 37B・製作-008[仕上げの作業]

3月5日(日)の例会に持って行ってから、雑用とかで中断していた
作業を再開しました。
残っていたチューブランチャーにデカールを貼って、赤いラインと
先端の赤丸を入れます。
キットには入っていないので、モデラーズの赤ベタデカールを0.7ミリの
幅のライン状にカットした物と、Φ2ミリのポンチで丸く打ち抜いた物を
用意しています。 ↓
033
034
貼り付け作業中です。 ↓
035
チューブランチャーの「直径✕3.14+チョイ」の長さに切った1本のラインを
ぐるりと巻いて貼り付けましたが、重なる部分がズレたりシワになったり
して、あまり具合がよくありません。(図①)
そこで5ミリ程度カットして、少し足りない程度に一度貼り付けます。
しばらくして乾いてから、足りない部分に重なるようにカットした物を
貼り付けます。(図②) ↓
036
これで何とかシワにならずに貼れました。 ↓
037
次に水平尾翼左右先端に付いている「FMホーミング・アンテナ」を取り
付けますが、アンテナ基部にΦ0.25ミリの穴を開け、Φ0.15ミリのテグス
を15ミリの長さにカットした物を差し込んで接着しています。 ↓
039
テグスは通常、リール状の物に巻き付けられています。
そのため取り出すと、アール状にクセが付いています。
アンテナはピン!と真っ直ぐな形状で取り付いていますので、このクセを
直さないといけません。
そこで、カットしたテグスの両端を目玉クリップで挟み、片方を持って
吊り下げます。 ↓
038
この状態にしておいて、ドライヤーの熱風を吹きかけます。
その後、数分このままにしておき、冷えたらクリップを外します。
これで、ほぼ真っすぐな状態になりました。
多少癖が残っている部分もありますが、一番真っ直ぐな部分を見つけて、
15ミリの長さにカットした物を2本取り出しておきます。
接着した後で、マジックで黒く塗っています。
透明な時は丁度良い太さに見えましたが、黒く塗ってみると、少し
太いようでした。
接着した後なので、これで良い事にしました。(;^_^A
衝突防止灯や翼端灯を塗り分け、チューブランチャーを接着してから、
最後に0.3ミリの洋白線で作ったキャノピー後ろのFMホイップ・アンテナを
接着して、完成です。

次は、完成画像です。

1/72 セスナA- 37B・製作-007[スミ入れとデカール貼り]

細かい部分の塗り分けをした後で、 機体全体に艶消しクリアーを
吹き付けて、スミ入れと軽いウエザリングをやっています。
スミ入れは、入らないとのっぺりしてしまうのですが、スミを入れる事で
全体に締まりが出て来ました。
実機の写真を見ると、汚れはあまり見られませんが、モデル栄えを
考えて、多少の汚しも入れて見ました。 ↓
028
029
今度はシルバリング予防の艶有りクリアーを吹き付け、デカールを
貼りました。 ↓
030
デカールを乾かしている間、キャノピーの枠や脚パーツの塗装です。 ↓
031
キャノピー枠が塗り終わった所で、デカールも多分乾いたと思うので、
艶消しクリアーを全体に吹き付けます。
残りは後、1時間チョッとになりました。
艶消しクリアーが乾いたので、脚パーツ・ドロップタンク・キャノピーを
接着して、取り敢えずは例会に持って行けるように、無理やり形を
でっち上げました。
チューブランチャー はまだもうちょっとやる事が残っているので、
接着は出来ませんでした。
以前何かの時に使ったΦ24cmのプラ板があったので、オレンジ色の
ラシャ紙を丸く切って貼り付け、簡易の完成品置き台を作りました。
例会場所は家から歩いて数分の所にありますが、この時点で3月5日
日曜日の12時26分です。(例会は午後1時からです)
持って行けるように箱詰めして、出かけます。
例会に持って行ったA-37B がこれです。 ↓
032
毎回恒例となったように、今回も徹夜になってしまいました。
時間が有る無しに関わらず、何故最後は徹夜になってしまうのでしょう?
アホですね。(まだ眠い・・・)
今後はもう少し何か考えないといけませんね。

つづく

1/72 セスナA- 37B・製作-006[砥ぎ出し]

本体の塗装面を、1200番で研ぎ出しています。 ↓
023
塗膜が思った程厚くなく、あっという間に下地が表れてきました。
研ぎ出しをするなら、もっと塗膜をぶ厚く塗っておく必要があったようです。
筆塗り・研ぎ出しは、もっと時間をたっぷりかけて、じっくりやれる時に
やった方が良いですね。
さて今回は、時間もあまり無くなって来たので、ここから出来る方法で
進めて行きます。
あっ、時間が無くなって来たと言うのは、3月5日(日)にうちの模型クラブの
例会があるので、そこに持って行こうと考えているからです。
(明日だよ~)
今の段階でまだこんな事をやっているので、かなりヤバイです。
(間に合うのか?)(;^_^A
実機の色の境目は、微妙にボカされています。
1/72 というスケールを考えると、ボカそうか、それともクッキリのままで
行こうか、迷うところではありますが、あまりクッキリし過ぎているのもな~
・・・と言うところで、しかし筆でやっている根気も時間も無いので、今回は
奥の手・伝家の宝刀 「 ノズル口径・・・0.18mm のオリンポス SP-B」を
使ってみようと思います。 ↓
024
しかし、これを使っても上手く行くのか、やってみないと分からず、しかも
筆塗りをした意味があるのか、少々疑問になって来ました。
まっ、成り行きだから、しょうがないですね、やるだけやってみましょう。
 (;^_^A
で、やってみましたが、0.18mm とはいえ1/72 の小型機では、
ボケすぎないボカシは、少々厳しい感じです。 ↓
025
色の境目のボケすぎている部分を、コンパウンドを付けた綿棒や
ティッシュペーパーでこすって、修正をしてみています。 ↓
026
027
まあ、かなりいい加減な感じではありますが、これ以上は無駄に神経を
すり減らすだけになりそうなので、この位で勘弁してやる事にしました。
(ふう・・・)(-。-)y-~
この後は、下地が出ちゃった部分を、レタッチして修正しています。

つづく

1/72 セスナA- 37B・製作-005[三色迷彩]

機体上面の三色迷彩を塗り始めました。 ↓
019
ベトナムカラー三色迷彩は、思った以上に手間も時間もかかって、
手こずっています。
面相筆で、ボテボテの筆ムラ・塗りムラのまま、三色迷彩を
進めています。 ↓
020
更に塗膜が厚くなるように、塗り重ねています。 ↓
021
翼下に付くドロップタンクやチューブランチャーの塗装です。 ↓
022
4本もあるドロップタンクの波々模様の塗り分けは超面倒ですが、
A-37 のような小さな機体の翼下にごちゃごちゃとぶら下げて
あるのは、見せ処でもあると思うので、我慢して続けています。

つづく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
ギャラリー
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-003[リベット打ち]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
  • モノグラム 1/48 F-100Dスーパーセイバー・製作-002[塗料落とし]
メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント
  • ライブドアブログ